目の下のしわとたるみとクマの改善方法

目の下のしわ・たるみ・クマは老化のサイン!?

気持ちはまだまだ若い!派遣OLの私。

それでも、誰しも年を取っていくもので、老化の波には逆らえません!
仕事が忙しく残業続きで、ついついスキンケアを手抜きしてしまったのでしょうか?

 

ある時、目頭から斜め下に向かって、くっきりとしわが入っていたんです!!

 

目の下のしわとたるみとクマの解消法とクリーム比較

目の下にちりめんじわがあるな〜…とは感じていましたが、この一本じわにはかなりショックを受けました。
このまま放っておくと目の下がたるんでしまいそうな恐怖感を覚えましたね。

 

自分の目の下にしわができたせいか、周りを気を付けてよく見てみると、意外と目の下にしわやたるみが出ている人が多いんです。

 

体質でしょうか?クマができやすい方というのもいるようですね。
目の下にしわやたるみができると、実年齢よりも確実に上に見えてしまいます。
またクマができていると、疲れているような印象を周囲に与えてしまいます。

 

逆に言うと、目の下にハリがあると若く見えるんです!
不思議ですね!!
やはり目元というのは、とても印象に残りやすいものです。

 

 

目の下のしわに効くコスメ 目の下のたるみに効くコスメ

 

 

 

目の下のしわに効果的なアイクリーム美容液を始め、サプリメントなど即効性のあるものから、じっくり根本からしわを治していくものまでご紹介しています。

 

 

目の下のしわに効果のあるアイクリームや美容液の他にもお役立ちグッズもご紹介しています。また美容整形からプチプラな対処法まで網羅!

 

目の下のクマに効果的なコスメ

アイキララとは?

 

 

目の下のクマを改善するのに効果的なコスメや治療法、食べ物などをご紹介しています。クマを瞬時に隠せるものから根本的な治療法まで解説!

 

 

 

目の下のしわ・たるみ・クマに最も効果的なアイクリーム「アイキララ」。購入方法、使い方、効果についての口コミや体験談を紹介しています。

ロスミンリペアクリームホワイトとは?

アイエクストラセラムとは?

 

 

目の下のしわへの効能が第3者機関で実証されてれいてるロスミンリペアクリームホワイト。その効果やお得な購入方法、口コミなどをまとめています。

 

 

 

見た目年齢−5歳を目指せるアイエクストラセラム!目の下のしわへの効果やお得なセット購入について徹底解説しています。

 

 

目の下のしわやたるみ・クマはセルフチェックしよう!

 

目の下のケアをきちんとしている人は一体、どのくらいいるんでしょうか?

 

恐らく私と同じで目の下にしわができたり、たるみができてから慌ててアイクリームを買いに走る人が多いのではないでしょうか?

 

若い頃は自分にこんなしわができるなんて、想像もしていませんでしたよね。
目の下の対策は若いうちから…と言われていますが、実際に自分の身にしわができないと焦らないものです。

 

きっと少しずつしわは刻まれていたんだと思います。
30〜40代の女性は仕事に家事に、人によっては育児や介護に…ととても忙しいです。
自分の顔をしっかりチェックする時間って意外と無くなってしまうんです。
いつもと同じスキンケア&メイクをパパっと済ませてしまうので、じっくりしわをチェックするなんてこと無いんですよね。

 

私が自分のしわに気付いたのはレストランでした。
友人とちょっといい食事をしてストレス発散しよう!と入ったレストランは、四方の壁が鏡張り。
食事とおしゃべりを楽しみつつ、ふいに目に入ったのは目の下にしわが入った鏡の中の私!

 

お店の照明が暗いから?メイクが崩れた?

 

ちょっと軽いパニックを起こしながら友人に「私、今日疲れが顔に出てる?」と尋ねたら「ううん、いつもと変わらないよ!」というお返事。

 

ってことは!いつも目の下にしわがあったってこと!?一体いつから??
 

 

この週末、パソコンでアイクリームを片っ端から検索したのは言うまでもありません^^;

 

目の下のしわやたるみは自分でも改善できる!?

 

いつまでも、しわが一本も無くたるみも一切ない…未来の世界ならば、実現されているかもしれません。

 

現代では一番簡単にしわやたるみ、クマが解消できるのは美容外科の手を借りること。
費用も掛かりますし若干のリスクが伴いますが、その技術はどんどん進化していて最近ではメスを入れずに日帰りで治療ができるんです!

 

もちろん、一生モノではないので定期的にメンテナンスしなくてはいけませんが、悩みが深い方や今すぐ治したい方には最適な方法です。

 

またエステサロンでプロの手を借りて解消していく方法もあります。
定期的にプロの丁寧な施術を受ければ、お肌の老化を確実に遅らせることが可能です。

 

そして自宅でセルフケアで解消する方法。
マッサージやエクササイズを始め、目のしわに効果的なアイクリームや目元美容液、様々な目元ケア用品。

 

当サイトでは私が実際に使用したアイクリームで効果のあったもの、他社商品との比較した結果などをご紹介しています。

 

このサイトに辿り着いたということは、あなたも目の下のしわやたるみ、クマに悩んでいるのではないでしょうか?
少しでも悩み解消のお役に立てれば嬉しいです♪

 

 

目の下のくぼみに効果的な美容成分ってご存知ですか?

 

目の下のくぼみ 

 

代表的なのはプラセンタとコラーゲンではないでしょうか。

 

どちらも人気の高い美容成分で「プラセンタ・コラーゲン配合」と記載されていると、なんとなく効きそうな気がしてしまいますよね?

 

特にコラーゲンは食品にも含まれていることがあるので、食事をする時に気を付けて摂るようにしている人も多いと思います。

 

ただコラーゲンを豊富に含む食品は、高額で高カロリーなものも多いので注意が必要です☆

 

プラセンタやコラーゲンを手軽に効率よく摂取するには、サプリメントが便利です。

 

サプリメント 

 

でも、どちらも決して安くはないものなので、折角飲むならより効果の高い方を選びたいもの。

 

その前に、プラセンタとコラーゲンの違いを確認しておこうと思います。

 

どちらも美肌作りには欠かせない美容成分だということは知っていても、それぞれにどんな効果があるのか?違いはなんなのか?知らない人も多いと思います。

 

しっかりと違いを確認して、自分に必要なものを摂るようにしていきましょう(^^)

年齢を重ねると目の下がくぼんでくることがあります。

 

目の下のくぼみ 

 

これは体質もあるので誰でもくぼむということではありませんが、見た目年齢で激しく損をしてしまいます。

 

くぼむのは目の下だけではなく、上まぶたの辺りもくぼんでくることがあります。

 

上まぶたの場合はちょっと彫りが深くなったように見えたり二重になったりするので、目の下がくぼむよりはメイクなどでゴマかしが効きます。

 

どちらも嬉しい状態ではありませんが、目元の印象が暗くなってきたなと感じたら、早目に対処すれば改善することは十分に可能です。

 

目の下のくぼみがそれほど深くない状態だったら、アイクリームでケアしていけば大丈夫!

 

アイクリームを選ぶポイントは目元のくぼみに有効な美容成分がたっぷり含まれているかどうかです。

 

成分 

 

ただし!目の下のくぼみをアイクリームに頼り切ってしまうのはNGです。

 

今までの生活習慣で目の下にくぼみを作ってしまうようなものがあったら、今後の予防のためにも改善していかなくてはいけませんよね?

 

また目の下にくぼみを作ってしまわないように予防しつつ、アイクリームで解消していくのがベストですよ(^^)

目の下のくぼみ

目の下のくぼみが気になるのは女性だけではありません。

 

最近は男性もアンチエイジングに対しての意識が上がって来ましたから、老け顔の原因ともなってしまう目の下のくぼみは気になります。

 

昔は「女性のしわは醜いけど男性のしわはしぶみがあっていい」なんて言われていたものですが、やっぱり若々しくいられた方が嬉しいものです。

 

ところでこの目の下のくぼみですが、男女でどんな違いがあると思いますか?

 

実は男性の方が目の下にくぼみができてしまうと治りにくいし、そもそもくぼみやすいのは男性の方が断然多いというんです。

 

肌質を見ても、男性の方が頑丈そうなのに不思議ですね☆

 

目の下にくぼみができてしまうのは、何も加齢による老化現象だけが原因ではありません。

 

ストレスや疲労も大きく影響しているんですね。

 

男性の方が労働時間が長いの?社会での苦労が多いの?

 

ストレス

いえいえ、最近は女性も男性と同じくらいの仕事量をこなしますし、家事と育児と仕事をこなす主婦だって相当なストレスがあります。

 

原因は仕事量ではなく、ストレスの解消法にあります。

 

女性は日々の生活の中で、ちょこちょこストレスを解消するのが上手なのに対し、男性はストレスを溜めこみやすい人が多いんだそうですよ。

「最近、疲れてる?」「老けたんじゃないの?」こんなことを言われるようになったら、目の下がくぼんでいるのかもしれません。

 

目の下のくぼみ 

 

目の下のくぼみは目元に影を作ってしまうので、疲れて年老いたような印象を与えがち。

 

わずかなくぼみでも目元は暗くなりますから、もし老け顔になったと感じたら目の下をチェックしてみましょう。

 

でも、どうして目の下にくぼみができてしまうのでしょうか?

 

それは疲れているだけではなく、コラーゲンや目元の皮下脂肪が減少してしまったり、目の周りにある眼輪筋という筋肉が衰えることに原因があります。

 

「やっぱり老化現象なんだ☆」と諦める前に、自分でも簡単にできる目の下のくぼみ解消法にトライしましょう!

 

実は目の下のくぼみは日々のちょっとした努力で予防できますし、くぼんでしまっても早い段階なら自力で解消できるんです。

 

目の下のくぼみ 

 

何もせずに放置してしまうと、くぼみはどんどん深刻化してしまい、そうなると美容整形など専門医を頼る羽目になります。

 

いくつになっても若々しい目元をキープするために、ちょっとだけ今から努力してみませんか?

PRP

目の下のくぼみを解消する美容整形の施術で、PRP療法FGF療法というのがあります。

 

なんだか怪しい暗号のような名称ですが、この2つの両方の違いはどんなものなんでしょうか?

 

どちらも注入系の施術なので、メスを使った手術と違って簡単に済ませることが可能です。

 

また、どちらもヒアルロン酸注射などと違って、人工物ではなく自分自身の血液や組織を使って施術すので、アレルギーなどの心配もありません。

 

自分の脂肪を使う脂肪注入という方法もありますが、お腹や太ももから採って来た脂肪は、目の下の柔らかい脂肪とは固さが異なるので、違和感を覚えることがあるそうです。

 

FGF

より自然な見た目と違和感のない目の下を作るために、今注目を集めている施術となります。

 

効果の持続性も今までよりかなり期待できることから、目の下だけでなく目の上のくぼみやこけてしまった頬、手の甲などの施術を受ける方もいるそうです。

 

美容整形に詳しくない方にはPRPとFGFの違いが分かりにくいと思いますので、両者に付いて詳しく解説したいと思います(^^)

目の下のくぼみが酷い状態になってしまうと、アイクリームなどを使って自分でケアするだけでは治らないこともあります。

 

目の下のくぼみ 

 

「ちょっとくぼんでいる」「凹み始めた」くらいでしたら、セルフケアでも改善することは可能ですが、目の下にくぼみができてから何年も経ってしまっていたり、眼窩脂肪が飛び出して凸凹になってしまっていたら専門医に相談した方が早いかも。

 

この場合の専門医というのは美容系クリニックのドクターになります。

 

美容整形と聞くと「顔にメスを入れるの!?」とびっくりされるかもしれませんが、今は注射器で施術できるプチ整形があります。

 

目の下のくぼみや凹みを埋めるのでしたら、ヒアルロン酸を注入したり、脂肪注入が効果的だと言われています。

 

注射器だけの施術となるので、切開した場合に比べると元の生活に戻れるまでの時間、いわゆる「ダウンタイム」が短くて済みますし、日帰り手術できるクリニックもあります。

 

メスを使った手術に比べると価格も低いですし、入院する必要がないのもいいですね(^^)

 

メリットもたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。

 

美容整形 

 

個人的には美容整形は自力ではどうにもできなくなった時の「最後の手段」と考えていますし、美容系クリニックはドクターの技術にもかなり差があると聞きますから、気軽にはオススメできないです。

 

もし本気でやりたい!と望むなら「どんな目の下にしたいのか?」明確なビジョンを持って、クリニックに相談に行ってみてください。

 

自分でしっかりとカウンセリングを受けて、納得がいったら施術を受けるようにしましょう。

目の下にくぼみがあると、どうしても目元が暗くなるので老けた感じに見えてしまいます。

 

目の下のくぼみ 

 

これは目の下にしわがあるよりも印象が悪いかもしれませんね☆

 

生まれつき目の下に浅いくぼみのようなものがある人や痩せ形タイプの人は、年齢を重ねてから目の下にくぼみができやすいようなので要注意です。

 

くぼみによるクマがある人は、色素沈着してしまわないよう、肌色を均等に保つような配慮も必要です。

 

根本的に目の下のくぼみを治すには、アイクリームやサプリメント、美顔器を使った表情筋の筋トレ、プチ整形等々様々な方法がありますが、今回は上手な隠し方をご紹介したいと思います。

 

できてしまった目の下のくぼみは解消するまでに日数がかかります。

 

くぼみの深さがあればあっただけ時間がかかってしまうので、いますぐにどうにかしたい!という方はメイクでキレイに隠してしまいましょう。

 

ファンデーションはもちろんですが、コンシーラーやハイライトを上手に使えば、くぼみは隠すことができます。

 

コンシーラー 

 

「隠す」ことが前提のメイクですが、くれぐれも厚塗りは厳禁です☆

 

メイクの厚塗りは一見、キレイに目の下のくぼみを隠してくれますが、すぐに崩れて目立ってきてしまいます。

 

くれぐれもメイクは薄付きに、そしてメイク前のスキンケアではたっぷりお肌を保湿することを忘れないようにしましょう(^^)

あなたが人の年齢を判断するとしたら、どこをチェックしますか?

 

服装や髪形、メイクで若く見せようと頑張っても、なかなか隠しきれないのが目の下のくぼみです。

 

目の下のくぼみ 

 

実は目元って無意識に目線がいきがちなパーツで、見た目年齢を判断するのも目元が一番多いんですよ。

 

メイクを厚塗りしても、目の下がくぼんでいたら隠しきれないものです☆

 

くぼんだ部分が影を作ってしまい、目の下が暗く見えてしまうのもマイナスポイントですね。

 

いつから目の下がくぼみ始めるのか?と言いますと、これはかなり個人差があるのでなんとも言えませんが、気になり始めるは30代からが多いようです。

 

目の下のくぼみ 

 

「目の下にしわができるならまだしも、くぼんじゃうって何!?」と思う人も多いと思いますが、一度目の下がくぼんでしまうとなかなか解消することができません。

 

目の下がくぼんでしまう原因は実は肌老化以外にも生活習慣にその原因が隠されています。

 

いつまでもハリのある美しい目の下を保つために、目の下がくぼまないよう原因を知ってしっかり対策しておきましょう!

くぼみ

目の下は骨の無い部分があるので、年を重ねるとくぼんでくることがあります。

 

「老化現象だから仕方がない」と諦める前に、アイクリームで美容成分を補給したり、サプリメントで体の内側からケアすれば、十分に回復が見込めます。

 

ただ「目の下のくぼみが痛い」という場合は話は別です!

 

強くぶつけたりした記憶も無いのに、目の下のくぼみが痛かったり重く感じるようなことがあったら、病気の可能性も否定できません。

 

年を取ると色々な部分に痛みが出ることがあります。

 

特に膝や肩、首などに痛みが出る人が多いようですが、目の下のくぼみが痛いというのは原因が別にあることも。

 

病気

目の周りは色々な神経が走っており、皮膚も薄くて敏感な部分です。

 

また目の下の痛みというのは具体的に皮膚が痛いのか?骨が痛いのか?それとももっと奥が痛いのか?微妙に分かりにくいこともあります。

 

では目の下のくぼみが痛くなるのはどんな場合なのか?

 

可能性のある病気と、その対処法についてご紹介したいと思います。

私ももうじき50代の仲間入りをします^^;

 

50代 

 

50歳になったからといって、急に老化の波が押し寄せるとは思いませんが、確実にお肌は衰えていくと思います。

 

その老化を少しでも遅らせるためには、今から毎日の目元ケアが重要なんだな〜と実感しているところです。

 

そうです!40代だって、既に肌老化は始まっています☆

 

40代後半にして目元ケアに目覚めた私はアイクリームジプシーとなり、いかに保湿することが大切かを知りました。

 

ただこの先、目元を保湿しているだけではしわやたるみ、くぼみは防げない!と感じています。

 

目元 

 

ではどうしたらいいのか?

 

より高級なアイクリームや目元専用美容液を使うのか?

 

いえいえ、それもいいかもしれませんが、これから50代を迎えると増々衰えてしまうのは表情筋そのものです!

 

保湿は当たり前のこと、そして目元の筋肉を鍛えるのも重要な任務となるんですね。

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング

 
HOME 目の下のしわに効く 目の下のたるみに効く 目の下のクマに効く アイキララ