目の下にクマができる原因や対策について

目の下のクマ 

目の下にできるクマには、大きく分けて三種類あるといいます。
それはクマの色によって種類が判定できるのですが、クマができる原因も解消方法も色によって変わってきます。

 

一般的には「青クマ・黒クマ・茶クマ」と言われています。

 

各クマのできる原因と解消方法についてはコチラの記事で詳しくご紹介しています。
⇒目の下のクマの種類と解消方

 

今回はクマの種類の見分け方についてお話したいと思います。

 

一概にクマには種類があると言っても、ご自身のクマが何色なのか?ハッキリと分かりにくいという方もいらっしゃるでしょう。
「青黒い」という方もいれば「赤黒い」という方もいるんです。

 

また光線の加減によって違う色に見えてしまったり、日によって違うような気もしてしまったり…。

 

皮膚科などの専門医で判定してもらい、治療方法を考えるのも一つの方法ですが、セルフケアで治るものなら…という方も多いと思います。

 

簡単にクマの種類を見分ける方法があります!
あくまで目安程度ですが、参考にしていただければと思います。

続きを読む≫ 2016/07/18 09:38:18

目の下のクマ 

 

目の下のクマを自分で解消する方法をいくつかご紹介してきましたが、どうやっても取れない!という方もいらっしゃると思います。
どうしても自力では解消できないクマにはいくつかの特徴があります。

 

生まれつき目の下の皮膚が薄すぎて、どうしても血管が透けて見えてしまう人。
血行不良を改善したとしても、完全にクマを消すことは難しい場合もありますね。

 

目の下のたるみが悪化して、その陰によってできる黒クマ。
どうしても自分ではたるみが解消できない!と言う場合はクマも取ることができませんね。

 

そして色素沈着してしまった茶クマ。
これは美白ケアを頑張っても限界があります。

 

時間をかけてケアすれば解消する場合もありますが、早く改善したい!何年もセルフケアを頑張れない!老化現象に追いつかれる!…などなど焦っている方もいらっしゃるかと。

 

こういったクマを確実に解消するなら、専門医の手を借りるのが一番です。

 

「美容整形」と聞くと抵抗を感じる方も多いと思いますが、今は切らずに治せる治療があります。

続きを読む≫ 2016/07/05 21:34:05

目の下が暗い印象になってしまうクマ…できてしまったら早目に取りたいですよね?
クマの主な原因は血行不良といいますが、温めてもマッサージをしても一向によくならない。

 

もしかしたら、あなたのクマは目の下の「くぼみ」が原因かもしれませんよ!?

 

年を重ねると目の周りはくぼんできます。

 

目の下のクマ 

 

よく年と共に一重の人が二重になったりしますよね?
あれも目のくぼみによって、作られることがあるんです。

 

目の下がくぼんでくると、その部分が影となってしまうので、どうしても黒っぽく見えてしまいます。
これがくぼみによるクマです。

 

一度、ご自身のクマの状態をよく見てみましょう。
目の下にハリがなく、細かいしわが多くなっていればくぼんでいる可能性が高いです。

 

目の周りの皮膚は骨がないので、コラーゲンが不足してくるとどうしてもくぼんでしまいます。
また表情筋の筋肉が落ちてくると、たるみも生じてしまうんですね。

 

気が付いたら早目にケアしていけば、老化を遅らせることもできますし、改善することも夢じゃありません!

続きを読む≫ 2016/06/15 18:20:15

目の下クマ 

 

目の下にできたクマはとても気になりますね。
ついつい手でクマの部分を触ってみたり、押してみたりすることもあると思います。

 

そんな時にクマの部分に痛みを感じる場合があります。
目の下が痛くなる病気なんてあるんでしょうか?

 

あまり聞いたことがないだけに不安になります。

 

まず痛みの原因として考えられるのは、血行不良です。
肩凝りと同じような原理で、凝っている部分を押すと痛みを感じるんですね。

 

ですが、気になったとしても目の下はとても皮膚が薄くて敏感な部分。

 

マッサージのように強く押すのはよくありません。

 

顔の筋肉自体が凝ることも確かにありますが、どうしても顔の凝りを取りたいなら美容鍼やエステなど、専門家の手を借りましょう。

 

自分では優しく押したり、蒸しタオルで温める程度のケアに留めておいた方がよいでしょう。

続きを読む≫ 2016/06/15 10:18:15

うつ病 

目の下のクマは自律神経に異常があると表れることもあるそうです。

 

うつ病の方全てというわけではありませんが、目の下が青白くなることがあります。

 

うつ病に罹っている場合はクマだけではなく、気分が落ち込んだり、食欲が湧かなかったり、何もやる気が起きない…などの症状も出ていると思います。

 

うつ病によるクマはうつの症状が改善すれば、自然と治ってくるものです。

 

疲労などによってできるクマと、うつ病によってできるクマにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

見分け方が分からないと、クマができた時に気持ちが沈んでいるとうつ病を疑ってしまいそうですよね^^;

続きを読む≫ 2016/06/10 15:27:10

目の下のクマ 

 

目の下のクマは寝不足や不摂生などによっても出ますが、実は病気のサインという可能性もあります。

 

寝不足やストレスが解消されたのにクマが消えない、ずっと体がダルい…などの症状があったら一度健康診断を受けてみてください。

 

また今、病気になっていなくとも病気の前触れということもあります。

 

病気によって表れるクマは、急激な痛みや自覚症状が出ないものが多いです。
静かに進行している病気が多いので、疲労感が取れなかったり、体重が減るようなことがあったら要注意!

 

すぐに命の危険がある病気ではないにしても、一生お付き合いしていく病気もあります。
「たかがクマ」と軽く見ないようにしてくださいね。

 

特に男性はクマを気にしない方が多いようなので、病気のサインを見逃さないよう気を付けてください。

続きを読む≫ 2016/06/08 20:31:08

目の下のクマ男性 

 

目の下のクマに悩まされるのは女性だけだと思っていませんか?
実は意外にも男性も悩んでいるんだそうですよ!

 

昔の男性は見た目やスキンケアに無頓着なところがありましたが、時代と共に変化してきているんです。

 

目の下にクマがあったら疲れて見えますし、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

 

印象が大切な営業マンにクマは大敵なんですね!

 

確かに同じお仕事を依頼するなら、生き生きとした爽やかな方にお願いしたいものです(^^)

 

また現代は男性も紫外線対策をしっかりしないと、皮膚ガンなどリスクもあります。
最低限のスキンケアは必要になりますね!

 

さすがにメイクするというのは、まだまだ抵抗があると思いますので、きちんとクマ対策をしていきましょう。
肌に暗い部分があると、その部分が色素沈着を起こしてしまうので、クマが定着してしまいます。

続きを読む≫ 2016/06/07 18:17:07

目の下のしわ 

 

目の下にできたクマは、セルフケアで治せるケースもありますが難しい場合もあります。

 

例えば遺伝的に目の下にクマができてしまっている場合。
生まれつき目の下の皮膚が薄い人は、セルフケアで改善するのは難しいです。

 

また、ひどい色素沈着によるクマの場合はセルフケアをしても除去するのが困難なことも。

 

一時的な不摂生によるクマでしたら、生活習慣の改善で解消することが可能ですが、すでにたるみが定着してしまい、自力で目の下のたるみを改善できない方も難しいでしょう。

 

そういった場合に頼りになるのが皮膚科などの専門医であったり、美容整形という手段です。
美容整形と聞くと大掛かりな手術を連想しがちですが、クマを解消するならメスを使わない日帰り手術も可能です。

 

もちろん保険は対象外ですので、ご自身の予算や希望によってどちらを選択するかが決まります。

続きを読む≫ 2016/06/05 19:16:05

目の下のクマ 

目の下が暗い、疲れ切っているような印象を与えてしまう。
いわゆる「クマ」が表れている状態ですね。

 

目の下が青っぽくなったり黒っぽくなったりするのはどうしてなんでしょうか?
よく血行不良だったり寝不足するとクマが出るという話は聞きますが、中には子供の頃からクマが取れない…という人もいます。

 

目の下にクマができると自分でも気になりますし、周囲からも疲れているのかと心配されてしまいますよね。
メイクで上手に隠す方法もありますが、男性は隠すことが難しいですし、できれば根本から解消してしまいたいもの。

 

実はクマには青・黒・茶色と大まかに分けて3種類存在し、その原因も解消法も異なるんですね。
まずは自分のクマの原因を突き止め、症状に合った方法で改善していきましょう!

続きを読む≫ 2016/06/03 09:41:03
コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング

 
HOME 目の下のしわに効く 目の下のたるみに効く 目の下のクマに効く アイキララ