アイクリームが目の下のしわに効かないのは塗り方のせい?

アイクリーム 

 

目の下にしわができたら、まず試してみるのがアイクリームではないでしょうか?
目元用のクリームですから、効果が高そうに感じますよね!

 

確かにアイクリームには、目の下のしわを改善させるための成分が色々と入っています。
代表的な成分はコラーゲン、セラミド、プセランタエキスなどですね。
「アイクリーム」と名前がつく以上、目元のしわやたるみに効果的な成分は絶対に入っています。

 

それでも時々「アイクリームが効かない」といった声が聞かれます。
もちろん、人によって肌質は違いますし、誰にでも合う化粧品なんて存在しません。
またアイクリームもお値段によっては、しわに効果的な成分が多かったり少なかったりします。

 

ですが、アイクリームの効果を最大限に発揮させるためには、塗り方が重要だということをご存知ですか?
この塗り方を誤ってしまうと、逆にしわができてしまうこともあるんだそうですよ。
アイクリームの最も効果的な塗り方、絶対NGな塗り方をご紹介しますね。

しわ対策にアイクリームを最も効果的に塗る方法とは?

アイクリームは当然ですが、しわのある部分に塗りますよね?
その時に、しわに擦り込むようにして塗ったりしていませんか?
しっかり擦り込むと一見、すごく浸透しそうな気がするのですが、これはNGです。

 

目の周りのお肌は非常に薄く、人体の皮膚の中でも最も薄い場所となっています。
そして女性の方が男性よりも更に薄いのです!

 

アイクリーム

また目の周りは骨がありません。
頭蓋骨を想像してもらうと分かりますが、目とその周囲の部分は空洞ですよね?

 

そう、目元は骨に支えられていない分、よりしわになりやすく、たるみやすいんです。

 

そんなデリケートな場所なので、ケアする際は優しくしなくてはいけません。
アイクリームもそうですが、洗顔する時も基礎化粧やメイクをする時も、ゴシゴシ擦ってはいけないんですね。

 

摩擦はお肌を乾燥させ、乾燥はしわを生み出します。

 

アイクリームを塗る時は

 

・アイクリームを目の周りに乗せる
・目尻から目の下を通り、目頭へ伸ばす
・そのまま目頭を通り、上まぶたからこめかみに向かって伸ばす

 

このルートで塗っていくと、リンパの流れに沿っているのでお肌のハリを保つのに効果的です。

 

そして大切なポイントは「中指か薬指で塗る」ということ。
中指と薬指は別名「化粧指」と呼ばれていて、余計な力が入りにくい指なんだそうですよ。
デリケートな目の周りをケアするのにはちょうど良い指なんですね。

 

クリームを伸ばす時も、なるべく擦らないように指先でトントンとタッピングすると完璧です!

しわが増える!?アイクリームのNGな塗り方とは?

 

 

もうお分かりだと思いますが、人差し指などにクリームを乗せて、グリグリとワイパーのように擦り込むのはNGです。

 

しわが気になる方は、アイクリームは朝晩毎日使いましょう。
週に一度のスペシャルケアでは間に合いません!
また高価なアイクリームはついつい節約して薄く伸ばしてしまいがち。
金額が気になるのでしたら、ワンランク安いアイクリームを購入し、たっぷり使いましょう!

 

効果が出るまでには商品によりますが、数週間から数か月は掛るのが普通です。
即効性はありませんので、まずはじっくり試してくださいね。

 

コロコロと違う商品を変えてしまうと、どれが自分に合ったアイクリームなのか分からなくなってしまいます。

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ