目の下のしわを改善するのに買ってはいけないアイクリーム

目の下のしわをなんとかしたくて購入するアイクリーム。
でもちょっと待ってください!そのアイクリームは本当に効果的ですか?

 

みなさんがアイクリームを選ぶ基準ってどこにあるんでしょう?

 

はてな 

 

値段が安い(高い)から?
お店で勧められたから?
みんなが使っているから?
雑誌やネットで紹介されていたから?
芸能人が使ってるから?

 

どれも正解であり、不正解と言えます。
やはりアイクリームは実際に使ってみなくては自分に合うかどうかは分かりません。

 

でも、使う前にチェックすべきポイントがあります。
あなたがなんとかしたいのは「目の下のしわ」だということからブレずにアイクリームを選びましょう!

まずはアイクリームの成分をチェックしましょう!

成分

女性は特にありがちなのですが、可愛らしいパッケージやおしゃれな容器に目が行きがちです。
お気に入りのコスメはシリーズで揃えたくなりますよね!

 

でも、一番の目的は目の下のしわを改善すること。

 

まずは選んだアイクリームにしわに有効な成分がどのくらい含まれているかチェックです!

 

・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・セラミド
・アミノ酸

 

この辺りは必須ですね!
なるべく多く含まれていればより良いです♪

 

・エラスチン
・ペプチド

 

プラスこの2つも含まれていれば、深く刻まれてしまった目の下のしわにも期待が持てます。

 

保湿をしたうえで、お肌にハリ感が取り戻せる成分が入っていればアイクリームとして合格です!

 

もし2つ以上のアイクリームで悩んだら、お値段も気になるところですがまずは上記の成分がどのくらい入っているか比較して選びましょう!

 

当然、たくさん入っている方が効果も高いですよ。
基本的には成分の含有量と価格は正比例して上がっていきます。

硬すぎる・伸びない・浸透しないアイクリームはダメ!

成分の次に注意する点は、テクスチャです。
できれば試供品などをいただいて、使い心地を試してみましょう。

 

・硬い
・伸びない
・浸透しない

 

こういったアイクリームは買っちゃダメです!

 

多少硬めのテクスチャでも、手に取って体温で温めて伸びるようになるなら問題ありません。

 

アイクリーム

しかし伸びないのは最悪です
 
テクスチャが伸びないと、皮膚の上で無理矢理伸ばす形になりますし、そうなると敏感な目の下の皮膚はよりしわになってしまいます。

 

ゴシゴシ擦って塗り込むようなアイクリームは失格です。

 

またお肌に浸透しないのも論外ですね。

 

目の下の乾燥を防いで潤いを与えるのが目的ですから、浸み込まないのであれば意味は無いです。

 

このようなアイクリームは1回使ってみれば判断できますから、できれば購入する前に試供品やテスターで確認してみてくださいね。

 

通販などで購入した場合は試せないので仕方ないのですが、返金制度を設けているところもあります。

 

高額だったり芸能人が使っていたりするアイクリームでも、自分には合わないということもありますので、その時はキッパリ諦めて、自分に合ったものを探し出しましょう!

 

 

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ