アテニア アイエクストラセラムは目の下のクマに効果アリ?

アテニアのアイエクストラセラムは目元の三大エイジングポイントに効果の高いアイクリームです。

 

アテニア

 

三大エイジングポイントとは?

 

「まぶた」「目の下」「目尻」のことを言います。

 

・まぶたの「痩せ」・・・年齢と共にくぼんでしまうまぶた!

 

・目の下の「たまり」・・・目の下の脂肪が前に出て来てたるんでしまう!

 

・目尻の「こわばり」・・・表情じわが固まり、しわが定着してしまう!

 

目元は皮膚痩せを起こすと、しわができたり目がくぼんでしまったりしますね。

 

また、笑いじわなどの表情じわを押し戻す力が弱くなるので、しわが定着して消えなくなってしまいます。

 

そして年と共に下がってくる眼球を筋肉が支えきれなくなり、脂肪の層が目の下に飛び出してくるようになり、たるみを作ります。

 

老化

 

これらを改善してくれるのがアイエクストラセラムです!

 

…ところで、目元のしわやたるみに効果があることは分かりましたが、クマについては効果はあるのでしょうか?

 

目元の悩みは主に「しわ」「たるみ」「クマ」ですよね?

 

アイエクストラセラムは、クマにはどのような効果があるのか調べてみました。

 

※アテニア アイエクストラセラムは2018年10月にパッケージがリニューアルしました。

 

アテニア アイエクストラセラムは目の下のクマにも効果が期待!

そもそも目の下のクマはどうしてできるのでしょうか?

 

一般的に「青クマ」と呼ばれるクマは、目の下の皮膚が薄いために血管が透けて見えるからだと言われています。

 

また血行不良の場合にも青クマはできますし、これは疲労がたまったり寝不足をするとできやすい人が多いですね。

 

アイエクストラセラムにはシトルリンという成分を配合していて、この成分が血行を促進する働きをもっています。

 

また目元のくぼみをふっくらさせるセイヨウキズタエキスとコメヌカ油に肌内部のゆるみを立て直してくれる作用がありますから、皮膚痩せも防いでくれるんです。

 

そして目の下がたるんでくるとできるといわれる「黒クマ」。

 

老化

 

これも、目の下のたるみが改善すれば一緒に改善されてしまうクマなんですね!

 

アイエクストラセラムにはアロエエキスが配合されていて、これには血行促進はもちろん高い保湿効果があり、新陳代謝の促進も促してくれます。

 

老廃物を取り去り、よどまない綺麗な目元を作ってくれる成分です。

 

目元の悩みはどれから始まるか分かりません。

 

どれか1つでも気になり始めたら、アイエクストラセラムを目の周り全体に塗り、トラブルの改善と予防をしましょう!

 

ちょっとした毎日のお手入れで5年後の目元に大きな差がつくと思います。

アテニアのアイエクストラセラムで茶クマは消せる?

代表的なクマの種類に「茶クマ」と呼ばれるものがあります。

 

これは目の下にできた青クマや黒クマが色素沈着してしまい、茶クマになってしまうケースがあります。

 

色素沈着

 

またアトピー性皮膚炎や花粉症などで目元を強く擦ったり、掻いてしまう人にも多いクマかもしれません。

 

皮膚は一部の色が他より濃くなっていると、その部分は日焼けしやすいですし、強く擦ったり掻いたりすることでも色素沈着しやすくなります。

 

色素沈着というのは、いわゆる「シミ」です。

 

残念ながらアイエクストラセラムに美白効果はありませんし、仮にあったとしてもコスメで色素沈着を綺麗に改善することはかなり難しいです。

 

もちろん色素沈着してしまった目元も保湿することは重要ですから、アイエクストラセラムを使ってもらうのは構いません。

 

アイエクストラセラム

 

ですが茶クマを綺麗に改善したい場合は、美白化粧品を使ってみるか美容皮膚科などの専門医に相談することをオススメします。

 

目の下にクマがあるとついコンシーラーやメイクで隠したくなってしまいますが、その場合もなるべく刺激を与えないようにメイクするようにしましょう。

 

また現在、青クマや黒クマができている方は、茶クマに進行しないように紫外線には十分注意しましょう!

 

色素沈着してしまうと厄介なので、クマは早いうちにお手入れしてしっかり改善しておきましょうね。

 

何事も早い段階からしっかりお手入れしておけば、簡単に済みますよ(^^)

 

 

 

 

アテニア アイエクストラセラムの購入はコチラ⇒【アイ エクストラ セラム セット】

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ