目の下のクマはうつ病が原因?クマとうつ病の関係とは?

この記事では以下についてご紹介しています。

  • 目の下のクマはうつ病のせいかも?
  • うつ病が原因でできる目の下のクマとは?
  • うつ病でできた目の下のクマの改善方法は?

 

目の下のクマは自律神経に異常があると表れることもあるそうです。

 

うつ病の人が全てなるというわけではありませんが、目の下が青白くなることがあります。

 

うつ病に罹っている場合はクマだけではなく、気分が落ち込んだり、食欲が湧かなかったり、何もやる気が起きない…などの症状も出ていると思います。

 

うつ病によるクマはうつの症状が改善すれば、自然と元に戻ってくるものです。

 

では、疲労などによってできるクマと、うつ病によってできるクマにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

見分け方が分からないと、クマができた時に気持ちが沈んでいるとうつ病を疑ってしまいそうですよね^^;

 

もちろん、安易に自分で判断してしまうのは危険ですが、参考までにうつ病の場合の目の下のクマの特徴や改善方法をご紹介しておきたいと思います。

 

「もしかして?」と思う方は、専門医で診察してもらうといいですよ。

うつ病が原因でできる目の下の特徴とは?

一般的なクマは青クマ・黒クマ・茶クマなどに分類されています。

 

それぞれに血行不良・たるみによる影・色素沈着と色別に理由もあります。

 

 

一方のうつ病によるクマは、目の下だけではなく目の周りが青白くなると言われています。

 

血行不良による青クマとは違うもので、口の周りも青白くなることがあります。

 

この青白いクマは自律神経が間違った働きをしてしまってできるのだそうです。

 

うつの時は自律神経が乱れているので、どうしても血液の循環が悪くなります。

 

そうなると血液は酸欠を起こし、血管の色が黒っぽくなります。

 

一番皮膚の薄い部分である目の下や口の周りで、その血管が透けて見えるんですね。

 

コンシーラーなどをうまく使えば、この目の下のクマは上手に隠すことが可能です。

 

でも、一番いいのはなるべく早く専門医に相談し、うつ病自体を改善してしまうことですね。

 

うつ病が改善してしまえば自律神経も正常に働くので、クマも薄くなっていきます。

 

うつ病を自覚するのは難しいかもしれませんが、気持ちが落ち込んでいたり、無気力になってしまうことがあったら、専門医に相談だけでもしてみるといいですよ。

うつ病でできたクマを改善する方法はあるの?

うつ病によってできたクマは、うつ病を完治させることが一番ですが、完治までは時間が掛かると言われています。

 

また一度罹ると再発しやすいのもうつ病の特徴です。

 

落ち込んだ気持ちの時に、目の下にクマがあったら更に落ち込んでしまいそうですよね。

 

せめて顔色だけでも健康的に保てるよう、マッサージでクマが目立たなくなるようにしましょう!

 

 

血行不良が原因であるクマには、血液循環がよくなるマッサージは効果が期待できます。

 

ただし、目の周りは皮膚がとても敏感ですので、強く押したり擦ったりしないこと。

 

優しく押すだけで、十分マッサージになります。

 

中指か薬指で押すと余計な力が加わりにくいですよ。

 

マッサージする時は、目の下は目尻から目頭へ、目の上は目頭から目尻へ押していきましょう。

 

リンパの流れに逆らわない方がクマが改善しやすいです。

 

また温かいタオルと冷たいタオルを用意して、交互に目の周辺に当てるというのも血行促進になります。

 

この場合、温かいタオルを先に当てましょう。

 

2~3回、温めて冷やしてを繰り返すと、徐々に血行が良くなってきますよ。

 

少しでも目元が明るくなってくると、気持ちも上がって来ます。

 

ポジティブな思考はお肌にもいい影響を与えますが、逆にお肌の調子が上がれば気持ちも上向いてきます。

 

お肌の調子と気分は表裏一体ともいえるので、どちらもしっかりケアしていきたいですね(^_-)-☆

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ