目の下のクマはくぼみが原因なの?見分け方と改善方法

目の下が暗い印象になってしまうクマ…できてしまったら早目に取りたいですよね?

 

クマの主な原因は血行不良といいますが、温めてもマッサージをしても一向によくならない。

 

もしかしたら、あなたのクマは目の下の「くぼみ」が原因かもしれませんよ!?

 

年を重ねると目の周りはくぼんできます。

 

目の下のクマ 

 

よく年と共に一重の人が二重になったりしますよね?
あれも目のくぼみによって、作られることがあるんです。

 

目の下がくぼんでくると、その部分が影となってしまうので、どうしても黒っぽく見えてしまいます。
これがくぼみによるクマです。

 

一度、ご自身のクマの状態をよく見てみましょう。
目の下にハリがなく、細かいしわが多くなっていればくぼんでいる可能性が高いです。

 

目の周りの皮膚は骨がないので、コラーゲンが不足してくるとどうしてもくぼんでしまいます。
また表情筋の筋肉が落ちてくると、たるみも生じてしまうんですね。

 

気が付いたら早目にケアしていけば、老化を遅らせることもできますし、改善することも夢じゃありません!

目の下のくぼみはどうやったら改善できるの?

目の下のくぼみは、老化現象の一種でコラーゲンや皮下脂肪が減少することによって作られます。
しわと同様、簡単に元に戻すことはできません。

 

元々、皮下脂肪の少ない体質に人ほど、くぼみやすいと言われていて、老化現象といっても早い人だと10代からくぼんでしまう人も。

 

最近はスマホやパソコンの普及により、若くても眼精疲労に悩まさせる人や、過度なダイエットで皮下脂肪が少ない人が多いようです。

 

コラーゲン 

 
目の疲れを解消することも大切ですが、表情筋の中でも目の周りの眼輪筋をストレッチしたり、コラーゲンを摂取することでくぼみを改善していくことは十分可能です。

 

若ければ若いほどその可能性は高くなります。

 

眼輪筋を鍛えるエクササイズはコチラの記事でご紹介しています。
→目の下のたるみを取るエクササイズ

 

コラーゲンは食物からも摂れますが、必ずしも目の下に届いてくれるとは限りません。
内側効率的に摂取するならサプリメントがオススメです。

 

外側からはアイクリームや目元美容液、シートパックなどで補給しましょう。

 

またどうしても自力でくぼみを改善することが難しいという方は、エステサロンでプロの施術を受けるという方法も。

 

短期間での改善を望むなら、美容外科でボトックス注射などのプチ整形を受けるという手もあります。

 

できれば自力でくぼみを改善したいものですが、自分に一番合った方法を選択するのが一番よい方法です。

目のくぼみは老けて見える!放置が危険な場合も…

注意 

 
目元の老化は実はすごく老けて見られてしまいます。

 

目の下のくぼみが酷いと、実際の年齢より5歳~10歳くらいは老けて見られると言われています。

 

これはかなりショックです!

 

ある程度、メイクでカバーすることは可能です。

 

当サイトでも目の下のしわやクマを隠すメイク方法をご紹介しています。

 

→目の下のしわをメイクで隠す方法

 

→目の下のクマが隠せるのはカバーマーク!

 

 

同じような方法で、目の下のくぼみを隠すことは可能ですが、あまりにも酷くなると隠せなくなります。

 

また目の下のくぼみに痛みを感じるようなことがあったら病気の可能性もあるんです。

 

正確には痛むのは目の奥かもしれないのですが、ちょうどくぼみやクマができる辺りに痛みを感じていると錯覚することが多いんです。

 

→目の下のクマが痛いのは病気?

 

 

目の下のくぼみやクマは放置してもいいことが一つもありません。

 

気が付いたら早目にケアして、一日も早く美しい目元を取り戻しましょう!

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ