目の下のクマの治療は病院と美容整形どちらがいいの?

目の下のしわ 

 

目の下にできたクマは、セルフケアで治せるケースもありますが難しい場合もあります。

 

例えば遺伝的に目の下にクマができてしまっている場合。
生まれつき目の下の皮膚が薄い人は、セルフケアで改善するのは難しいです。

 

また、ひどい色素沈着によるクマの場合はセルフケアをしても除去するのが困難なことも。

 

一時的な不摂生によるクマでしたら、生活習慣の改善で目立たなくしていくことが可能ですが、すでにたるみが定着してしまい、自力で目の下のたるみを改善できない方も難しいでしょう。

 

そういった場合に頼りになるのが皮膚科などの専門医であったり、美容整形という手段です。

 

美容整形と聞くと大掛かりな手術を連想しがちですが、クマを解消するならメスを使わない日帰り手術も可能です。

 

もちろん保険は対象外ですので、ご自身の予算や希望によってどちらを選択するかが決まります。

目の下のクマを確実に解消するならどこへ行けばいいの?

美容整形

目の下のクマについて皮膚科に相談する場合、まず知っておいていただきたいのは「全てのクマが皮膚科で治療できるわけではない」ということです。

 

それは目の下にできたクマの原因によって、専門となる病院が変わって来るからです。
アレルギーのかゆみからできるクマもありますし、鼻づまりや副鼻腔炎からできるクマもあるのです。

 

まずは自分のクマは何によってできたか?原因を突き止めることになります。

 

色素沈着が原因でしたら、皮膚科での治療でも効果が発揮できる可能性が高いです。

 

クマの原因が分からないという方は、一般的な皮膚科よりも美容皮膚科に相談することをオススメします。

 

保険が効かないことが多いですが、クマについての治療方法が多彩な分、改善できる確率が高いです。
美容皮膚科に相談して、それでもダメなケースは美容外科に相談するといいでしょう。

 

こういった施設はきんちとしたカウンセリングがあり、費用もまず見積もりが出されるのでいきなり施術に入ることはありません。
まずは相談してしっかり相談し、自分が納得したら治療をお願いすればいいのです。

美容皮膚科ではどんな治療方法でクマを改善するの?

美容整形

美容皮膚科でのクマの治療方法は原因によって変わってきます。

 

例えば色素沈着だったら高濃度のビタミンCを点滴するという方法があります。

 

目の下のたるみによって影ができるタイプのクマの場合は、たるみがひどくない場合はヒアルロン酸を注入して改善します。

 

目の下に脂肪が厚くなってしまったたるみでしたら、脂肪溶解注射で少しずつ脂肪を溶かしていきます。

 

異物を注入することへのアレルギーの心配がある方にはPRP療法があります。

 

これは自分の血液を採取し、血小板だけを取り出して肌に注入する方法です。
自分の血液を使うので、アレルギーなどの副作用の心配が格段に減ります。

 

注入自体が恐い…という方にはレーザーやラジオ波を照射する方法もあります。
1回でクマを消すことはできませんが、徐々にクマが改善していきます。

 

また外用薬を処方してもらって、自宅でセルフケアする方法も。

 

クマの原因や状態によって治療方法はドクターとの相談になりますが、選択肢はかなり広いです。
予算や好みによって選んでいただければと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ