目の下のしわにはワセリンが最強!という噂は本当なの?

この記事では以下についてご紹介しています。

  • 目の下のしわにワセリンを塗ることについて
  • 目の下にワセリンを塗ってはいけない?
  • 日本人が洗顔し過ぎな件
  • ワセリンで目の下の乾燥は防げるのか?

 

目の下にできるしわの主な原因は乾燥です。

 

乾燥を防ぐには保湿するしかありません。

 

昔からお肌の保湿アイテムとして人気なのがワセリンです。

ワセリン

ワセリンにはいくつかの種類がありますが、半透明で白っぽい色をした白色ワセリンが一番不純物が入っていないんだそうです。

 

顔に塗る場合は白色ワセリンが持っても適しているとも言われています。

 

ヴァセリンというちょっと黄色味がかったクリームも人気ですが、保湿のためにお顔に塗るなら白色ワセリンがオススメですよ。

 

ところでニベア同様、ワセリンをしわの改善のために目の下に塗るというのは、本当に大丈夫なんでしょうか?

 

ワセリンは昔からありますし、お肌にも良いものと聞きますし、特に肌トラブルが出るという話も聞かないですよね?

 

でも、これっていわゆる民間療法では…?と思う方もいるでしょう。

 

しわにはワセリンが最強!と言われますが、目の下に使うのは危険!というご意見もあります。

 

その理由についてお話したいと思います。

目の下にワセリンを塗るのはオススメできない!?

ワセリンは保湿力が高いクリームと聞いているので、乾燥しがちな目の下に塗るには一見適していそうですよね?

 

目の下にしわができてしまう主な原因が乾燥だとしたら、ワセリンで保湿したらいいんじゃないの!?と考えるのも当然のことです。

 

 

高価なアイクリームを購入するより、安くてお手軽です。

 

ですが、目の下を保湿するだけでは今あるしわやたるみを改善していくことはできません。

 

目の下のしわやたるみは加齢によって失われてしまうコラーゲンの減少も影響しているんです。

 

このコラーゲンを保持する機能や、コラーゲンそのものを補給することができないワセリンでは、良くて現状維持か、しわやたるみが悪化するのを遅らせることだけです。

 

わざわざ目元専用のアイクリームが作られているのは、目の下のしわやたるみを改善に導く美容成分が配合されているからなんですね!

 

 

それでも、どうしてもワセリンをアイクリーム代わりに使いたい!という方は、以下の注意事項に気を付けて使ってみてください。

 

  • ワセリンは固いので、手で温めて伸びやすくしてから目の下に塗ること
  • 一度にたくさんのワセリンを塗ると逆に乾燥することがあるので、適度に塗ること
  • ワセリンには石油が含まれているので、紫外線に当たると油焼けすることがあるので日焼け対策を万全にすること
  • ワセリンは家族で共有したりすると雑菌が入りやすくなるので、衛生的に使うこと

 

くれぐれも自己責任でご使用くださいね☆

 

また、ワセリンは誰でも使えそうなイメージですが、稀にお肌に合わない場合もありますので、初めて使う場合はいきなり目の下に使わず、二の腕の内側などの目立たない部分で試してからお顔に使うようにしてください。

そもそも日本人は洗顔し過ぎで乾燥が加速している!?

洗顔

目の下は保湿、保湿と言いますが、なぜこんなにもお肌が乾燥するのでしょうか?

 

日本は湿気が多い気候なので、欧米にくらべると肌は乾燥しにくい方だと思います。

 

日本人が海外で年より若く見られるのは、お肌がキレイだから…というのも最大の理由です。

 

欧米人に比べると圧倒的に、日本人はしわが少ないんです!

 

折角キレイな肌を持っているのに、日本人は洗顔し過ぎで逆にお肌を乾燥させていると言われています。

 

メイクを落とすためにダブルクレンジングは当たり前、ばっちりアイメイクはお湯を使って落としたり…と気を使います。

 

クレンジングの後、顔がつっぱる感じがしませんか?

 

それはもう洗顔し過ぎていて、お肌の潤いまで落としてしまっています。

 

キレイにメイクを落とすことは大切ですが、やり過ぎはお肌に負担をかけ乾燥を加速させてしまいます。

 

洗顔後にもしっとりとした潤いが残っている状態が理想です。

 

ちなみに私がオススメしている洗顔石鹸はヴァーナルです。

 

素肌つるつるセット

 

お肌のキメを整えてくれる洗顔石鹸なので、アイクリームの美容成分もぐんぐん浸透しますよ♪

 

「洗顔して目の下がつっぱるからワセリンで保湿したい」と考えるより、目の下がつっぱらない洗顔を心掛けるようにしたいですね!

 

どんなに気を付けても潤い分は多少なりと逃げて行ってしまうので、そこはアイクリームで補っていくのがいいと思いますよ。

ワセリンで目の下の乾燥は本当に防げるの?

女性

ワセリンは確かに保湿力が高く、化粧水後に塗るとフタ代わりになります。

 

潤い成分を逃がさない働きがあるので、目の下の乾燥対策としては悪くないと思います。

 

でも気を付けなくてはいけないことがあります。

 

ワセリンを使ったことがある人なら分かると思いますが、ワセリンのテクスチャはかなり硬めです。

 

通常の保湿クリームに比べると10倍くらいは硬いんじゃないでしょうか?

 

その硬いワセリン無理矢理目の下に伸ばすと、皮膚に掛かる負担は計り知れません!

 

目の下の皮膚は非常に薄いので、引っ張るような力が加わると、皮膚自体が伸びてたるんでしまいます。

 

折角、目の下の乾燥を改善するためにワセリンを塗るのに、塗り方のせいでしわが増えたり、たるんでしまったら逆効果です。

 

ワセリンを体に塗ったことのある人は、その保湿力を実感されていると思います。

 

だからこそ、乾燥しがちな目の下にも使いたくなりますよね?

 

ただ、ワセリンは一度にたくさん塗ってしまうとお肌から水分が出ていくことができなくなり、逆にお肌の内側から水分が取られてしまって乾燥が進むという本末転倒なことになります。

 

 

ワセリンで目の下の乾燥を防ぐというのは、なかなか難しいんですね☆

 

先ほど、どうしてもワセリンを目の下に塗りたい場合は体温で温めると良いといいましたが、ホホバオイルなどを加えて柔らかくするという方法もあります。

 

ただ、そこまでしてワセリンを顔に塗る必要があるのか?というと、私としては無理にはオススメしたくないですね^^;

 

だって、目の下の乾燥対策にはアイクリームという存在があるのですから。

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ