目の下のしわにはワセリンが最強!という噂は本当なの?

目の下にできるしわの主な原因は乾燥です。
乾燥を防ぐには保湿するしかありません。

 

昔からお肌の保湿アイテムとして人気なのがワセリンです。

ワセリン 

ワセリンにはいくつかの種類がありますが、半透明で白っぽい色をした白色ワセリンが一番不純物が入っていないんだそうです。

 

ヴァセリンというちょっと黄色味がかったクリームも人気ですが、保湿のためにお顔に塗るなら白色ワセリンがオススメですよ。

 

ところでニベア同様、ワセリンをしわの改善のために目の下に塗るというのは、本当に大丈夫なんでしょうか?
これって民間療法では…?と思う方もいるでしょう。

 

しわにはワセリンが最強!と言われますが、その理由についてお話したいと思います。

そもそも日本人は洗顔し過ぎで乾燥が加速している!?

洗顔

目の下は保湿、保湿と言いますが、なぜこんなにもお肌が乾燥するのでしょうか?
日本は湿気が多い気候なので、欧米にくらべると肌は乾燥しにくい方だと思います。

 

日本人が海外で年より若く見られるのは、お肌がキレイだから…というのも最大の理由です。

 

欧米人に比べると圧倒的に、しわが少ないんです!

 

折角キレイな肌を持っているのに、日本人は洗顔し過ぎと言われています。
メイクを落とすためにダブルクレンジングは当たり前、ばっちりアイメイクはお湯を使って落としたり…と気を使います。

 

クレンジングの後、顔がつっぱる感じがしませんか?
 
それはもう洗顔し過ぎていて、お肌の潤いまで落としてしまっています。

 

キレイにメイクを落とすことは大切ですが、やり過ぎはお肌に負担をかけ乾燥を加速させてしまいます。

 

失った潤いは外から補っていくしかありませんね。

ワセリンで失ったお肌の潤いは本当に補えるのか!?

女性

ワセリンは確かに保湿力が高く、化粧水後に塗るとフタ代わりになります。

 

潤い成分を逃がさない働きがあるので、目の下のしわ対策にはとても有効だと言えますね。

 

でも気を付けなくてはいけないことがあります。

 

ワセリンを使ったことがある人なら分かると思いますが、ワセリンのテクスチャはかなり硬めです。

 

通常の保湿クリームに比べると10倍くらいは硬いんじゃないでしょうか?

 

その硬いテクスチャを無理矢理目の下に伸ばすと、皮膚に掛かる負担は計り知れません!

 

目の下の皮膚は非常に薄いので、引っ張るような力が加わると、皮膚自体が伸びてたるんでしまいます。

 

折角しわを改善するためにワセリンを塗るのに、塗り方のせいでしわが増えたり、たるんでしまったら逆効果です。

 

ワセリンを塗る場合は、テクスチャを手に取ってからしばらく体温で温めて、柔らかい状態にしてからにしてくださいね。
 
またはホホバオイルなどをちょっと加えて、柔らかくするという方法もあります。

 

目の下はとにかく優しく扱うことが鉄則ですよ!

 

ワセリンは赤ちゃんも使えるほど、お肌に優しいクリームです。

 

ですが、超敏感肌の方は合わないということもありますので、初めて使う方は顔以外の目立たない部分で試してからにしてみてください。

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ