目の下のクマを目立たなくできる漢方とは?体質改善でクマを消す!

目の下のクマ 

 

すべてのクマが漢方で治るわけではありませんが、血行不良からできる青クマにはかなり効果が期待できます。

 

漢方は即効性こそありませんが、体質改善できるので根本からクマを改善することができます。

 

目の下が青黒くなっていると、人に与える印象は最悪です。

 

人と対面して仕事をする人や、素敵な出会いを求めている人はぜひ改善してもらいたいですね!

 

女性の場合はメイクでクマを隠すこともできますが、クマができるということは体質か生活習慣に何か問題があります。

 

表面だけを綺麗に装っても、不健康であったら意味がありません。

 

今は自覚症状がなくとも、将来大きく体調を崩すことがあるかもしれません。
多少時間は掛りますが、きちんとクマの原因を見極めて漢方でじっくり治療を始めませんか?

青クマに効果が高いといわれる漢方とは?

目の下に青クマができる理由は主に血行不良です。
 
目の下の皮膚は卵の薄皮程度の厚みしかないので、血行不良を起こし暗い色になった血管が透けて見えるというわけです。

 

漢方 

 

この血行不良は主に以下の原因で起こります。

 

・睡眠不足
・疲労の蓄積
・ストレス
・老化
・眼精疲労
・冷え
・栄養バランスの偏り
・お酒
・タバコ

 

血流をよくするために効果があるのは「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」と呼ばれる漢方薬です。

 

また眼精疲労には「杞菊地黄丸」

 

冷えや貧血には「婦宝当帰膠」「補中丸」

 

基礎代謝を上げるには「参茸補血丸」「参馬補腎丸」が効果的と言われています。

 

これらの漢方を素人が選び出すのは無理がありますので、漢方医に相談するといいでしょう。

 

漢方は自己判断では効果ナシ!専門医に相談が必須!

風邪などの場合は自己判断で薬を選んでしまうこともありますが、漢方については自己判断は危険です。

 

飲み合わせや食べ合わせにも注意すべき点がありますので、必ず漢方医に相談して処方してもらいましょう。

漢方医 

 

漢方は体に優しいイメージがありますが、副作用が全く無いというものではありません。

 

自己判断や付け焼刃な知識で飲み始めてしまうと、その効果を得られないばかりか症状が悪化してしまうかもしれません。

 

また漢方に即効性はないので、回復はゆるやかなものになります。

 

その分、体に負担を与えないのでより自然な形でクマが改善していきます。

 

漢方は自分で煎じて飲むタイプのものや、顆粒になったものなどがあります。

 

専用の漢方煎じ器で、その都度煎じて飲むのがいいとも言われますが、実際はなかなか大変です。

 

外出先では顆粒状が飲みやすいと思いますので、そういったことも漢方医の方と相談されてくださいね。

 

不安なことや気になること、飲み始めてからの変化などを相談できる漢方医を見つけておくと安心です。

 

 

 

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ