目の下のクマを改善できる!?ピップエレキバンの効果とは?

ネット上で噂になっている目の下のクマの改善方法でピップエレキバンを使うというのがあります。

 

ピップエレキバンといえば磁力の力で凝りを治すと言われる貼り薬。

 

 

確かに目の下にクマができてしまう原因の一つに血行不良があります。
 
血流が悪くなると目の下に青いクマができやすい体質の人がいることも事実です。

 

血流をよくするためにピップエレキバンを使うのは理に適っていますね!

 

でも、ピップエレキバンを貼ると言っても、どこに貼るのが最も効果的なんでしょうか?

 

ピップエレキバンは小さいので、貼ろうと思えば大体の場所に貼ることが可能です。

 

ですが、貼ってはいけないと言われている場所もあるので、安心して貼れる最も効果的な場所をご紹介したいと思います。

ピップエレキバンを貼ってはいけない場所とは?

注意 

 

表情筋も凝ることがあるそうなので、直に顔に貼ってしまいたい!という方もいらっしゃるでしょう。
確かに、こめかみなどに貼ったら効きそうな気もします。

 

ですがちょっと待ってください!
 
ピップエレキバンの説明書には注意事項として下記のことが明記されています。

 

・目の周囲や粘膜に貼らない

 

・首から下で利用する

 

そう!顔には使用してはいけないんです。
 
特に目の周りは注意が必要です。

 

ピップエレキバンは磁力の効果で温かくなるので、ヤケドや腫れなどの危険があるんですね。

 

目の周りの皮膚は大変薄く敏感なので、貼り薬系は使用しない方がいいですよ!

 

ネット上で時々「こめかみにピップエレキバンを貼って、クマが薄くなった!」などの書き込みを見かけますが、顔の皮膚は体とは違います。

 

跡になってしまったり、かぶれてしまうこともあります。
 
そうなると色素沈着を起こしてシミに発展しることもあり得ますので、くれぐれも気を付けてくださいね。

目の下のクマ改善に最も効果の高い場所とは?

では、どこに貼ったら目の下のクマに効果的なんでしょうか?
 
それは「首」です!

 

説明書にも「首から下で利用する」と書いてありましたね?
はい!首から下ということは、首は使用してもOKなんです♪

 

首の後ろの中心から指一本分程度外側で、指で押してみて痛気持ちいい場所があったら、そこに2~4枚ほど貼りましょう。
 
凝っているツボに貼らないと意味が無いです。

 

なぜ首の後ろなのか?
一見クマとは関係の無い場所のようですが、首凝りというのは眼精疲労にも繋がります。

 

また首と顔の筋肉も密接に繋がっていますから、首凝りを解消することで顔の血流がよくなり、クマが改善するというメカニズムなんです。

 

貼り薬に抵抗のある方は、ピップマグネループでもいいと思います。

 

 

またマッサージや鍼灸治療で首の凝りをほぐしてもらうのもいい方法ですよ。

 

肩凝りは気になっても、首の凝りには気が付きにくい方も多いので、目の下のクマが気になる方はぜひ一度試してみてくださいね!

 

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ