目の下のクマをばっちり隠せるコンシーラーはカバーマーク!

この記事では以下についてご紹介しています。

  • 目の下のクマを隠すならコンシーラー!
  • コンシーラーで人気が高いのはカバーマーク
  • カバーマークのコンシーラーを使用する時の注意

 

朝起きたら、目の下がパンダのような状態に!

 

 

目の下にクマができやすい体質の人もいますが、年齢を重ねると不摂生がクマとなって現れることも☆

 

寝不足によってできたクマは、しっかり疲れを取れば改善しますが、今日も仕事がある!という方は今すぐに隠したいですよね?

 

ひどいクマの場合は下地を重ねてファンデーションを厚塗りしても透けて見えてしまうことがあるんです。

 

しかも、寝不足で荒れたお肌に厚化粧は負担にもなりますし、なんと言ってもメイクが崩れやすくなります!

 

そこで活躍するのが「コンシーラー」です。

 

コンシーラーは別名「部分用ファンデーション」とも呼ばれ、クマだけじゃなくシミやソバカス、にきび跡を隠してくれる優れものなんです。

 

コンシーラーを塗ることで、顔全体の肌の色が均等になるので、綺麗なお肌を演出できます。

 

このコンシーラーにも色々な種類があって、スティックタイプだったりリキッドタイプだったりします。

 

今回はクマを隠すのに一番効果的なコンシーラーをご紹介したいと思います。

コンシーラーの中で人気が高いのはやっぱりカバーマーク!

コンシーラーはそのカバー力が期待されるコスメですが、中にはファンデーションとの相性が悪くヨレてしまうこともあります。

 

その種類は多彩ですが、長年高い人気を誇っているコンシーラーはやっぱりカバーマークです!

 

既にカバーマークがコンシーラーの代名詞になっているような感じですね。

 

【カバーマーク ブライトアップファンデーション】

カバーマーク

 

カバーマーク ブライトアップファンデーションY-1 SPF33PA+++ 【部分用ファンデーション】【ネコポス対応商品】【送料区分A】 (6001064)

 

マットな質感で、スティックタイプになっています。

 

塗りやすくクマなどの肌トラブルもしっかりカバーできるのでとても人気が高い商品です。

 

できればクマができる生活とはオサラバしたいものですが、ここ一番!という時にはとても頼りになります。

 

一本は持っていて損の無いコンシーラーだと思いますよ(^^)

 

私は滅多にコンシーラーのお世話にはなりませんが、それでもこの商品は昔から知っています。

 

クマに悩む友人たちもよく使っているので、なんとなく親しみがあるんですよね。

 

購入者のレビューも高評価が多いので安心感もありますね。

カバーマークのコンシーラーを使用する時の注意点

 

折角、優秀なコンシーラーを手にしても、使い方を間違えていたら意味がありません。

 

カバーマークのコンシーラーを使う時には注意点があります。

 

まず、ファンデーションの種類によってコンシーラーを塗る順番が変わってきます。

 

  • パウダリーファンデーションの場合・・・コンシーラーが先、ファンデは後
  • リキッドファンデーションの場合・・・ファンデが先、コンシーラーは後

 

この順番で塗ってみてくださいね。

 

また、カバーマークのコンシーラーはテクスチャが少々硬めに作られています。

 

ですから、クマを隠したいあまり厚塗りになってしまうと、ファンデも厚塗りしてしまったような感じになります。

 

ポンポンと軽く叩き込むような感じで塗ってみてくださいね。

 

境界線はぼかして整えるとより自然な雰囲気に仕上がります。

 

カバーマークは上手に使うと本当に綺麗な肌を作ることができますが、あまりコレに頼り過ぎずクマを作らないような生活を心掛けてたいものですね。

 

クマもクセになると定着してしまいますよ☆

 

隠すことに慣れず、クマを隠しつつ早目に改善していくように頑張りましょう!

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ