アイキララで紫外線対策はできるの?UVカット効果について検証!

目の下のしわを作ってしまう一番の敵はお肌の乾燥ですが、その乾燥を進めてしまう理由の1つに紫外線があります。

 

紫外線 

 

紫外線と聞くと夏が一番強いと感じている方が多いと思いますが、実は冬も注意が必要です。
 
特にスキー場などに行かれる方は、新雪の反射による紫外線に気をつけなくてはいけません。

 

近年はオゾン層の破壊により有害な紫外線もありますので、年間通してUVケアは怠らないようにしましょう!

 

ところで最近はUVケアもできるアイクリームが登場していますが、アイキララはどうなのでしょうか?

 

また油焼けの心配はないのでしょうか?

 

毎日朝晩使うことで目の下のしわやたるみを解消してくれるアイキララですが、紫外線対策とはどのように付き合っていけばいいのかまとめてみました。

 

アウトドア派の方はぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

アイキララに紫外線対策効果は入っているの?

紫外線

顔の中でも紫外線の影響を受けやすい目の下。

 

油断するとすぐに日焼けしてしまい、最悪の場合茶クマができて、色素沈着してしまうと綺麗に改善することが困難になります。

 

アイキララでUV対策ができれば便利だな…と思ったのですが、残念ながらその効果は無いそうです☆

 

アイキララには紫外線をカットする役割は無いので、別途日焼け止めを使うか帽子や日傘などで対策しましょう!

 

UV効果はありませんが紫外線によるお肌への負担を軽減する働きがあります。

 

日焼け止めと併用することで、お肌のバリア機能を高める効果があるので、毎日使い続けることをオススメしますよ♪

 

日焼け止めと併用する際の注意事項ですが、アイキララを塗った後に日焼け止めを塗る時は、アイキララが十分お肌に馴染んでから重ねるようにしましょう。

 

アイキララ

ちょっと馴染むまで時間がかかりますが、丁寧に塗り重ねることでムラのない綺麗なメイクが仕上がります。

 

そして気を付けたいのが目の下に日焼け止めを塗る時には、ゴシゴシと強く塗り込まないこと!

 

折角、アイキララを優しく薬指で塗っているのですから、上に重ねる日焼け止めも優しく塗りましょう!

 

ファンデーションにも言えることですが、目の下はくれぐれも刺激しない!強く擦らない!が鉄則です。

アイキララに油焼けの心配はないの?

油焼けってご存知ですか?

 

お肌につけるコスメに含まれる油分が、太陽光の紫外線などによって酸化し、色素沈着を起こすことをいいます。

 

紫外線 

 

日焼けしたい人がオイルを塗りますよね?

 

お肌を焼けやすくするために塗るのがサンオイルですが、コスメに含まれる油分でもお肌が焼けてしまうことがあるんです☆

 

もちろん、最近のコスメは技術が進んでいるので簡単に酸化しませんし、不純物も少なくなっているので油焼けすることも少ないです。

 

アイキララを使って油焼けすることはありませんので、安心して使っていただけますね(^^)

 

油焼けについては心配された方が北の快適工房に問い合わせをされたようです。

 

「アイキララでの油焼けは考えられない」との回答を得ているので、心配ご無用ですね!

 

もちろん、アイキララの保存状態が悪い場合や、消費期限を過ぎてのご使用は、成分が劣化してしまっている可能性があるので、もったいないからと使い続けないようにしてくださいね。

 

高温多湿になる場所や、直射日光に当たる場所では保管しないようにしてください。

 

コスメは直接お肌につけるものですから、アイキララに限らず管理はきちんとしておきましょう!

 

 

 
購入はコチラから→モニターの80%がその効果を実感!『アイキララ』

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ