アイキララの効果的な使い方や使用上の注意点について

普段からアイクリームや目元専用美容液を使っていますか?

 

使い慣れている人ほど、塗る順番や塗り方を間違っている場合が多いですね。

 

アイキララの使い方 

 

実はスキンケアの順番ってかなり大切です。

 

化粧水を塗ってから乳液を塗ると言うのはご存知かと思いますが、これも折角塗った化粧水が蒸発しないために乳液でフタをするためですね。

 

また乳液できちんとフタをしないと、逆に化粧水が蒸発する際にお肌から潤いを奪ってしまうこともあります。

 

アイクリームは通常、化粧水と乳液の間に使うことが多いのですが、これも実はまちまちなんです。

 

そのコスメによってより効果的な順番というものがあります。

 

また適正な量を使わなければ、効果を実感できないということもあるんです。

 

アイキララも使ってみた人の80%が効果を実感できたということですが、残りの20%の中にはきちんとした方法で使わなかった人がいたのかもしれません。

 

今回はアイキララの最も効果的な使い方や注意する点についてお話したいと思います。

アイキララの効果を最大限に発揮する使い方とは?

アイキララ 

 

アイキララは私も愛用していますが、目の下がとても潤ってふっくらしてきます。

 

まずその効果をしっかり実感するためには、1日2回、毎日使いましょう!

 

アイキララはスペシャルケアではなく、日々のスキンケアの一貫として朝晩使うことをオススメします。

 

また塗る順番は「化粧水→アイキララ→乳液」の順になります。

 

油分を含んだものを先に塗ってしまうと、アイキララがお肌に浸透しにくくなってしまいます。

 

オールインワンジェルをお使いの方は「オールインワンジェル→アイキララ」の順で使いましょう。

 

アイキララの適量ですが、1回につきワンプッシュで左右両方の目の下の分になります。
くれぐれもケチらないでくださいね☆

 

また、一度にたくさん塗れば早く効果が出るということもありませんので、適量を守ってください。

 

アイキララ 

 

アイキララは肌に浸透するまで、若干時間がかかります。
薬指の腹で優しく塗った後、指の腹側でそっと目の下を押えてちょっと時間を置いてみてください。

 

その後、乳液などのクリームを重ねるとより効果的ですよ。

 

アイクリームは人差し指で塗るとついつい力が入りがちなもの。

 

余計な力を加えないためにも、薬指か中指で塗るとちょうどいい力加減になります。

アイキララを使う上での注意事項のまとめ

注意点 

 
アイキララには着色料・保存料・防腐剤は一切入っていません。
アレルギーテストも済んでいるとのことですが、絶対にアレルギー反応が出ないとは言い切れません。

 

アレルギーをお持ちの方は念のため成分を確認し、万一異常が現れた場合はすぐに使用を中止して専門医に相談してくださいね。

 

またアイキララは返金保証もあります。

 

アイキララを目の下に塗る時はくれぐれも強く擦りつけないでください。
テクスチャが硬いなと感じたら、手に取ってからしばらく体温で温めて柔らかくしてから目の下にのせてください。

 

また一気にたくさん塗ると目に入ることがあります。
万一、目に入ってしまったらすぐに洗い流してくださいね。

 

アイキララはマッサージクリームではないので、塗る時にマッサージを兼ねて使用しないでください。
目の周りは皮膚が非常に薄いので、下手に擦り過ぎるとたるみの原因になります。

 

アイキララの消費期限は未開封であれば約2年です。
 

アイキララ 

 
開封してしまった状態では2ケ月が限度です。
保存料を使っていないので、期間内に使い切りましょう!

 

アイキララの容器はプッシュ式なので、うっかり落としたりすると誤って中身が飛び出すことがあります。
 
また小さなお子さんは、面白がって押してしまうかもしれないので、使用後はしっかりロックしておきましょう。

 

 

いかがでしたか?
アイクリームの使い方は正しかったですか?

 

私はスキンケアの時は「キレイになってね~!」と念じながらやっています(^^)

 

特に女性の肌コンディションはメンタルな部分が大きく影響しますので、念を込めることも大切かと♪

 

是非、自分にキレイになる呪文をかけながらお試しくださいね!

 

 

 

 
購入はコチラから→モニターの80%がその効果を実感!『アイキララ』

 

コチラのサイトで目の下のしわ・たるみ・クマに効果的なアイクリームと美容液をランキング形式でご紹介しています。 アイクリームランキング
TOPへ